家族葬こそが葬送儀礼の原点

最近、いろいろなメディアで「家族葬」という言葉をよく耳にするという人も多いのではないでしょうか。
「家族や親戚などだけで行うお葬式」
「親類や縁の深かった知人、友人で行う小規模なお葬式」
「故人らしい形で行うことができるお葬式」
こんなふうに説明されることが多い家族葬ですが、一般の方々にはよくわからないのではないでしょうか。
私もこの説明では、正直よくわかりません。
実は家族葬は最近になって登場した、まったく新しいタイプのお葬式というわけではありません。
「家族葬」という耳慣れない言葉ばかりが独り歩きをした結果、新しいお葬式という誤解を与えているのです。

お葬式は「葬儀」と「告別式」の二つに大きく分けられます。
一般的なお葬式では「葬儀」と「告別式」の両方を行いますが、これに対して家族葬は「告別式」の部分を簡略化、もしくは省略したものと言えるのです。
家族葬と密葬を同じと考えていらっしやる方も多いようですが、正確にはそうではありません。
密葬とは、家族など内々の人たちだけで故人の死を弔うもので、後日、本葬を行うことが前提の葬送儀礼です。
亡くなった人が会社の社長や著名人たった場合など、多くの参列者がお葬式に訪れるため、お葬式を準備するための時間が必要になります。
ですから、本葬の前に家族や親戚などの近しい間柄の人たちだけで密葬を行うのです。
つまり、密葬と本葬はもともとセットなのです。
ただ、本葬の意味合いは、大企業の社長の社葬や国家元首の国葬などを見ればわかるように、葬儀というよりは告別式に近いものとなります。
家族などによる密葬で葬送儀礼はすでに行い、本葬で社会に対しての式典をとり行うわけです。
そういう意味でも家族葬は、「本葬のない密葬」とも言い換えることができます。
昔は、今のように親戚、縁者が全国のあちこちに住んでいるということは稀でした。
いわば、親類縁者一同が同じ地域に暮らしていたのです。
つまり、昔の人々にとっては、地元の地域社会である村や町の住人が、すなわち親類縁者だったということになります。

だから、地域で誰かが亡くなると親類が自然に集まり、故人の死を弔っていたのです。
現在、行われているような訃報も出すことはありません。何しろ同じ地元に暮らしているので、わざわざ呼ばなくてもお葬式に来てくれていたわけですからね。
お葬式の参列者は、当然、地域の知り合いや親類縁者ばかりということになります。
この意味においては、昔のお葬式は家族葬と同じやり方をしていました。
だからこそ、家族葬が葬儀の本来あるべき姿だと言えるのです。
最近になって注目を浴びているので、新しいスタイルのお葬式と思われる方も多いかもしれませんが、実は昔から行われてきたと言ってもいいのが家族葬というわけです。
心に残る家族葬[http://www.sougiya.biz/]は、家族葬を専門に取り扱っている葬儀ブランド。
直葬なら17万5千円、簡略化した告別式を行う一日葬なら33万5千円で葬儀が出来ると人気です。

家族葬が注目されるようになった背景とは?

これまで日本のお葬式は「家」のものでした。
「○○家葬儀・告別式」と言うように、その家が信仰する宗教やしきたりに沿ってお葬式を行ってきたわけです。
また、友人や知人、仕事や地域の関係者など多くの人に広く故人の死をお知らせして、たくさんの参列者が集まって行われてもきました。
ところが、最近ではこうした考え方に変化が表れています。
高齢化の影響により、高齢者の方々ご本人が会社で働いていたころにお付き合いがあった人もお亡くなりになっていることが多くなり、葬儀に参列するような深い人間関係の人も減っています。
日本全体がこのようなことになっているので、結果としてお葬式の規模自体が小さくなってきているのです。
日本の葬祭業の動向|JETRO
また、昔はお葬式があると近所の人がお手伝いにきてくれたものですが、最近ではこうした地域社会のご近所付き合いといったコミュニティが少なくなり、お葬式は家族だけで行われるようになってきています。
さらに、これまでのお葬式に対する不信感もあるようです。
一般的に行われてきた「お葬式らしい」形のお葬式では、故人との別れの時間をゆっくり過ごすことができず、参列者への対応に追われて心も体もヘトヘトに疲れてしまった……ということも多かったのです。
その結果、いくら形は立派でも、このようなお葬式を行いたくないという方が増えてきました。
こうしたいくつかの理由があって、家族葬が増えていったわけです。
葬儀社が売らんがために勧めたり、宣伝したから家族葬が増えたのではなく、日本のお葬式が「家」のものから「個」のものへと変わってきているのです。
このような遺族のニーズの変化に、ようやく葬儀社が気づきはじめたというのが本当のところでしょう。

このページの先頭へ